Panasonic松九会宮崎地区      

会員便り/ボランティア活動

久保田義治さん

宮崎地区会員の久保田義治さんは、毎朝近くの小学校で見守り活動を続けておられますが
その活動が2013年2月26日付の地元紙”宮崎日日新聞”に掲載されましたので、紹介します。

以下は記事の引用です。【宮崎市立檍(あおき)小学校児童の作分】

『私たちの学校では、毎朝校門のところで計画委員が立ってあいさつをしています。その他
にも校長先生やボランティアで地区に住んでいらっしゃるミスターチンさん(久保田さん)が
一緒に立ってあいさつをしてくださいます。ミスターチンさんはあいさつだけでなく、寒い日
はカイロを持って児童の手を温めてくださったり、手品をしてくださったりします。みんな
チンさんに会うのを楽しみに登校しています。学校に行きたくないと泣いている児童がいると
手品をしてくれます。するとその児童は泣きやんで元気に教室に行くことが出来ます。
チンさんは目が不自由なのに、雨の日も風の日もどんな天気の日でも毎朝正門に立って
私たちを守ってくださっていて本当にありがたいと思います。・・・以下省略』
(レポーター : 松枝聖)
新聞に掲載された写真